【母子家庭の保険】おすすめと保険料を安くするためには?

母子家庭 保険

母子家庭の保険料は平均でいくら支払っているか知っていますか?

自分が支払っている保険の料金は知っていてもなかなか周りの人がどのくらい払っているのかまでは知っている人はいないですよね。

そこで、今回は母子家庭(シングルマザー)の保険料の平均と保険料を安くするおすすめの方法を3つご紹介します。

 

母子家庭の保険料の平均はいくら?

母子家庭では、年間で平均約26万2000円※1保険料を払っています。

母子家庭の収入は月々約20万円※2なので、そのうち2万2000円も保険料を払わなければなりません。

月収20万円のうち約2万2000円も保険料でなくなると考えると頭が痛くなります、、。
保険の専門家
そうですよね、、。でも安心してください!保険料を安く抑える方法があるんです!

 

母子家庭の保険料を安くするための方法3つ

ここでは、母子家庭の保険料を安く抑える方法を3つご紹介します。

①必要な保障内容を確認する

まずはじめに、母子家庭で必要な保障内容が何かを確認する必要があります。

母子家庭であれば、公的な保障を活用することで保険料を安く抑えることができる可能性があります。

公的な保障が活用できるのであれば、民間の保険に入らなくてもいいケースもあるため必要以上に加入していた保険を減らすことで保険料を節約することができます。

保険の専門家
児童扶養手当で、月額9,990~42,320円の支給されるケースもあります!

 

②不要な保険の保障内容を外す

上でもお伝えしたように、公的な保険の保障内容で十分補えるのであれば、不要になった民間の保険のプランを外してください。

保険はもしものときに必要になるものですが、必要以上にはいると保険料が加算して家計を圧迫してしまいます。

まずは自分にあった保険を見つけることが大切です。

 

③保険のプロに相談する

「ちょっと難しそう、、。」「一人ではちょっと、、。」という人は、保険の専門家である保険のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをおすすめします。

第3者として、その人の家族構成やライフステージに合わせて、中立な立場から保険の相談やアドバイスを無料でもらうことができます。

保険の専門家
保険の勧誘が心配な人は、無理な保険の勧誘を禁止している保険相談サービスを選びましょう!

 

母子家庭におすすめの保険相談サービス3選

母子家庭におすすめの保険の相談サービスを3つご紹介します。

【1位】保険見直しラボ

母子家庭 保険 保険見直しラボ①
保険見直しラボ おすすめポイント
 母子家庭 保険 保険見直しラボ②

担当の質が高い!

平均経験年数は11.8年!

他社で断られたことがあってもOK!

選択可能なプレゼント♫

無理な勧誘は禁止されているから安心

➡何度でも相談無料!

 

【2位】保険のビュッフェ

母子家庭 保険 保険のビュッフェ①
保険のビュッフェ おすすめポイント
母子家庭 保険 保険のビュッフェ②

高橋一生さんのCMでもお馴染み♫

毎月7000世帯が利用中!

➡利用満足度が93%!

選択可能なプレゼント♫

無理な勧誘は禁止されているから安心

➡無料で何度でも相談OK!

 

【3位】保険マンモス

母子家庭 保険 保険マンモス①
 保険マンモス おすすめポイント
母子家庭 保険 保険マンモス②

3部門でNO.1!

「信頼できる!」
「対応が丁寧!」
「知識が豊富!」でNO.1!

独自のサービス品質基準(FPQ)

何度でも相談無料

 

母子家庭に必要な保険を見極め、保険料を安く抑えよう!

今回は母子家庭の保険料を安く抑える方法とおすすめの保険相談サービスを紹介してきました。

母子家庭に必要な保険を見極め、保険料を安く抑えましょう!

〇関連記事
【2018年】保険相談のおすすめ人気ランキング≪口コミ&評判で徹底比較!≫